>

まずはCGについて知ろう!

3D作成に使える無料ソフト2つをご紹介

最初にご紹介するのは「Metasequoia(メタセコイア)」
キャラクターのモデリングなどに使い勝手が良いため、アマチュアを問わずプロも愛用している、日本製の3DCGモデラーです。ちなみに「Metasequoiaの無料版」では一部の機能が制限されていますが、もし解除しても5,000~20,000円未満のコストで済むので、他の有料ソフトに比べれば破格の安さだと思います。

次に「Tinkercad(ティンカーキャド)」
デザイン・CADの知識がなくても、簡単に3Dモデルを作成することが可能です。またWEBブラウザであるためダウンロードするタイプのソフトではありませんが、学生からプロまで使用していることから、3D作成の入門ツールとしても人気があります。ちなみに利用する際は、メールアドレスを登録してアカウントを作成するだけです。

3DCGを始める人向けの有料ソフト

優れた有料ソフトはたくさんありますが、ここでは低価格で購入できる「Shade Basic / Standard」を中心にご紹介します。

出荷累計本数は50万本越えであり、多くのユーザに愛されているソフトです。主にモデリング、アニメーション、 質感設定、レンダリングまでひと通りの作成に必要な機能が含まれているのが特徴です。

各パッケージから上位パッケージ(Basicパッケージ、Standardパッケージ、Professionalパッケージ)へのアップグレードパスも用意されているので、慣れてくれば検討してみるのもいいかもしれません。
もちろん一万円ぐらいの入門用パッケージも用意されているので、 3DCGを始める初心者にはおすすめです。


この記事をシェアする