CG動画ってどうやって作られているの?

CGの仕組みについて知ろう!

3DCG作成におすすめのソフトご紹介

CG(コンピュータグラフィックス)とは、コンピューターを用いて作成される画像のこと。主に3DCG(3次元コンピュータグラフィックス)と 2DCG(2次元コンピュータグラフィックス)の二つに分類されています。それぞれ解説していきます。

「3DCG」とは、コンピューターの中で組み立てた立体モデルのことで、またそれを撮影したものになります。
主にノイズのない鮮やかな色彩、修整や編集の際に用いられています。現在では映画だけでなく、CM映像やイラスト、漫画などの画像と映像制作に利用されています。また実写による映像もよく調整が行われているようです。

それに対し「2DCG」はコンピューター上での画材を使って制作したイラストのことです。主にPhotoshopやillustratorといったドローイングソフトで作成します。
初期のコンピューターでは解像度やメモリ容量、色数が弱く、せいぜいドット絵表現が限界でした。しかし1987年にカラー仕様の「Macintosh II」が登場してから、必然的にコンピュータグラフィックスの分野で良くなったのです。

しかし作品を見ただけでは2Dと3Dの大別がつかないことがほとんどです。
例えば3Dで創られた画像を2Dに加工したり、逆に2Dで描いた絵の上に3D画像を合成するといったことが行われているようです。

このサイトではCG動画だけでなく作り方も解説していますので、もし将来、CG作成を学びたい方は参考にしてみてください。

まずはCGについて知ろう!

もし3DCGの作成してみたいと思っても、しっかりとした3DCGのソフトは非常に高額なものがほとんどです。しかし初心者でも気軽に使える、フリーソフトもあるようです。 そこで今回は、フリーソフトと有償ソフトについての違いや特徴について解説しています。

CG動画の魅力とは?海外と比較してみる

私たちは主に映画やゲームなどでCG動画をよく見ますが、実はそれらだけではありません。現在ではテレビやCM、さらにはスマートフォンアプリなどにもたくさんのCG動画が使用されているのです。 そこで今回は、「CG動画」の魅力についてご紹介しています。

主にペンタブレットで作成する2DCG

最近はグラフィックが進化した3DCGのゲームだけでなく、2DCGのゲームもたくさん作られています。例えばソーシャルゲームに登場するキャラクターやアイテムなどといった「カードイラスト」がそうです。 今回は、2DCGの特徴について詳しく解説しています。